Sword and Magic

更新履歴

これ以前の更新履歴


2022/05/20

「II」の「アイテム紹介」で、「あくまのしっぽ」以外の呪いのアイテムの「特殊効果・補足」に、『「たたかう」を選んだとき、』という条件を追記。

行動不能になる条件があったのを追記しました。

・「ドラゴンクエストソフト・関連ハード一覧」を「ドラゴンクエストソフト一覧」に改名し、ハード一覧を削除。
「ドラゴンクエスト関連ハード一覧」のページを新設しました。

ハードとソフトを1ページにまとめると重くなってきたため、分割したあとお互いのページをリンクをして、両方のページの軽量化をはかりました。


2022/05/14

「X」の「ストーリークエスト6」にクエスト702「深淵の咎人たち」を追加。
「X」の「討伐モンスターリスト」に「妄執のグリンデア」「厭悪のルベランギス」を追加。
「X」の「モンスター出現場所」に「光の神殿」「深淵の檻」を追加。
「BGM紹介」の「X」のversion6の「version6で新たに追加された過去作品のBGM」に「聖なるほこら」を追加。
「BGM紹介」の「X」のversion6の「version1〜5にもあった過去作品のBGM」に「死を賭して」を追加。

いままでは「X」の更新は、大型アップデートごとに更新履歴に残して、ほかの細かいアップデートは更新履歴に残していませんでしたが、これからは、なるべく細かいアップデートも更新履歴に残します。


2022/05/11

・SFC/GB「I・II」の「II」の「小ネタ・豆知識集」、「主人公および仲間の状態変化」の「しに」の項目で、いままでは『「のろい」を除く、すべての状態変化が解除される』でありましたが、『「のろい」「守備力変化・上」「守備力変化・下」を除く、すべての状態変化が解除される』に変更いたしました。

「II」とSFC/GB「I・II」、モンスターの「ハーゴン」の項目で、いままでは『「所持アイテム」は「ふしぎなぼうし:D」』でありましたが、『「所持アイテム」は「−」』に変更いたしました。

どちらの変更も、正しいことを確信したあとにしています。


2022/05/08

・SFC/GB「I・II」の全ページを添削、リニューアル。

「ハーゴン」「シドー」のMPは「∞」と表記していたのですが、それは半分誤りで、SFC版は「∞」、GB版は「255」が正しいです。また、トップページに「SFC版とGB版では、1歩の定義が異なる。SFC版の1歩は半キャラ分、GB版の1歩は1キャラ分となっている。各ページでは、この定義を理解している前提で話を進めている。」という文を追加しています。

・SFC/GB「I・II」の「I」の「小ネタ・豆知識集」に、「王の施しを受けない勇者」「世界を救った英雄にダメ出しする王」「忙しいローラ姫」「竜王とローラ姫」「呪文の記録」「ようせいのふえ」「ダメージ床」「いろいろな最大値」を追加。

・SFC/GB「I・II」の「II」の「小ネタ・豆知識集」に、「嫌味な竜王のひ孫」「新しいタイプの呪い」「ふびんなサマルトリアの王子(その1〜3)」「上機嫌な竜王のひ孫」「天国への扉」「ルビスのお言葉」「王女と兵士」「遠慮する勇者たち」「ゾンビ系」「呪文の記録」「やまびこのふえ」「かわのたて」「ダメージ床」「いろいろな最大値」を追加。


2022/04/30

「II」の「呪文紹介」で、「習得者と条件」にある呪文習得者の名前に、「キャラクターデータ」の各キャラへのリンクを追加。また、「キャラクター別・習得呪文一覧」は削除。

『習得呪文一覧は「キャラクターデータ」とかぶる』と前置きをしていますが、そもそも、かぶるならいらないですよね。

「II」の「攻略チャート」で、「ぎんのカギ」「きんのカギ」「ろうやのカギ」は、クリアに必須とみなします。

約1ヶ月での方針転換。いちおう「アバカム」を覚えればカギは必要なくなる場合がありますが、そんな特殊プレイを想定して「カギはクリアに必須ではない」とみなしても、あまり意味はないからです。


2022/04/25

「II」の「小ネタ・豆知識集」で、「新しいタイプの呪い」を追加。さらに台詞の引用部分を囲っていなかったので、囲みました。

「II」の「アイテム紹介」で、「装備可能キャラ」にある「ロ」「サ」「ム」に、「キャラクターデータ」の各キャラの「装備できるもの」へのリンクを追加。

「アイテム紹介」と「キャラクターデータ」の行き来が容易になります。


2022/04/17

「X」をバージョン6.1「暴かれし相貌」に対応。
「BGM紹介」の「X」のversion6に、version6.1の情報を追加。

また、「X」のversion6.0で使われていなかった曲を追加。(王宮への招待、迫る脅威、地の民ドワーフ、トンテンカン、風雅の都、五重魔塔、レクイエム、ほこら、戦いのとき、馬車のマーチ、立ちはだかる難敵、哀愁物語、エーゲ海に船出して、封印されし城のサラバンド、哀しみの日々、失われた世界、トゥーラの舞、広い世界へ、終末へ向かう、ドルマゲス)


2022/04/03

「II」の全ページを添削、リニューアル。

「I」と同じ名前のページは、同じようにデザインなどの変更をしました。

「II」の「モンスター紹介」の「モンスターの耐性」で、「該当アイテム」を追加。「所持アイテム」で、そのアイテムのリンクを追加。「耐性」で、必ず有効の「0」は青で、必ず無効の「7」は赤に色分けしました。

「II」の「モンスター所持アイテム」と「キャラクターデータ」で、「モンスター」「アイテム」のリンクを追加。

これによって利便性が、著しく向上します。

「I」「II」の「モンスター出現場所1」や「モンスター出現場所2」に、ひとつずつ区切りを追加。

このデザインで囲まれた部分は、ひとつの区切りを表します。

「II」の「小ネタ・豆知識集」で、「父の施しを受けない息子」「呪文の記録」「やまびこのふえ」「ダメージ床」「いろいろな最大値」を追加。

【追記】
「II」の「アイテム紹介」で、そのアイテムを持っている【敵】のリンクを追加。


2022/03/17

・スマートフォンのサイトトップをプチプチリニューアル。

「オリジナル版(原作)データ」と「リメイク版データ」が、今までは2行、1作品の表示でしたが、2行、2作品の表示になりました。(パソコンで見るときの表示とほぼ同じ)


2022/03/14

「I」のトップページをプチリニューアル。

サイトトップと同じくボタン式リンクにし、クリック・タップしやすくしました。

「I」の「モンスター紹介」「呪文紹介」「アイテム紹介」など、長い表をひとつずつ分けて見やすくしました。

「I」の全ページを添削しました。

今まで区切り文字でありました「/」を「、」「。」に変えました。(いわゆる句読点を使用)

「I」の「基本」以外でモンスター、アイテム、呪文の用語が登場するとき、その詳細があるリンクを追加。

モンスターなら「モンスター紹介」、アイテムなら「アイテム紹介」、呪文なら「呪文紹介」のリンクになります。

「I」で、取扱説明書の文字やゲーム内のセリフ、メッセージを引用するとき、引用部分をわかりやすくしました。

このデザインで囲まれた部分は、引用になります。(これは説明のためなので、どこかから引用したものではありません)

「I」の「攻略チャート」で、クリアに必須ではないが、行っておいたほうがよい、おこなっていたほうがよい部分をわかりやすくしました。

このデザインで囲まれた部分は、クリアに必須ではない任意の部分になります。

「I」の「攻略チャート」や「アイテム紹介」などで、[小ネタ・豆知識集]と[サブイベント]の関連するリンクを追加。

「I」の「モンスター紹介」で、10モンスターごとに目次を追加。「耐性」で、必ず有効の「0」は青で、高確率で無効の「15」は赤に色分けしました。各モンスターの「主な出現場所」を選択すると、「モンスター出現場所1」の、そのモンスターの項目へ移動します。

「I」の「モンスター出現場所1」のデザインを変更しました。「モンスター出現場所1」や「モンスター紹介」へのリンクを追加。

「I」の「モンスター出現場所2」に、「モンスター紹介」へのリンクを追加。

「I」の「アイテム紹介」に、「町などの施設」「アイテム収集」へのリンクを追加。

「I」の「アイテム収集」のデザインを変更しました。

「I」の「呪文紹介」で、「レミーラ」の光が消える歩数の詳細を追加。「分類」に「モンスター紹介」の耐性へのリンクを追加。

「I」の「小ネタ・豆知識集」で、全項目に目次を追加。「世界編」でゲーム内のセリフ、メッセージを追加。「王の施しを受けない勇者」「呪文の記録」「ダメージ床」「いろいろな最大値」を追加。

このうち「いろいろな最大値」は、「基礎知識」→「「つよさ」の見方」の「最大値」を削除したので、その代わりのものになります。


−Sword and Magic−